世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

速読への挑戦[No.2]〜コツを発見!〜

速読への挑戦[No.2]〜コツを発見!〜

速度への挑戦を始めました。

挑戦のきっかけはこちら
本をもっと早く読みたい!速読への挑戦[No.1] | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

独学で速読に進化があったのか紹介します。

コツを発見!

広告

挑戦前

久瑠あさ美さんが書かれた「マインドの創り方」

253ページが1時間22分。

目標は300ページ、30分です。

1冊目

山口拓朗さんが書かれた『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

221ページ 57分

心で読まずに、目で追う練習をしました。

目で追うだけで、早くなります。

でも、すぐ目が疲れます。

2冊目

大杉日香理さんが書かれた『「龍使い」になれる本』を読みました。

211ページを50分で読みました。

目で読む訓練。

気をぬくと、音読してしまいます。

3冊目

5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?

80ページの本を20分で読了。

文字も少ないので、あまり参考にはなりません。

4冊目

印南敦史さんが書かれた「遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

200ページを40分で読み終えました。

今の私にもあった速読の方法が書かれてる!

早く読むコツは、目的を明確化すること。

書評はこちら
「遅読家のため読書術」by印南敦史さん〜誰でも早く読める〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

5冊目

本田健さんが書かれた「大好きなことをやって生きよう! 【ポケット版】」を読みました。

196ページを40分で読み終えました。

読む目的を決めると、自然とスピードが上がっていきます。

この読み方は好みかも。

書評はこちら
「大好きなことをやって生きよう!」by本田健さん〜夢を叶える4つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

まとめ

心の中で読まずに、目で文字を追っていくだけでも早くなりました。

200ページだと1時間以内で読むことができます。

ただ、疲れるんです。

「遅読家のための読書術」のやり方だと、早く読めてレビューもかけるので、書評を書きたい私にもぴったり。

それも、心の負担が少ないんです。

「遅読家のための読書術」の方法をマスターできるように取り組んでいきます。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

本をもっと早く読みたい!速読への挑戦[No.1] | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「遅読家のため読書術」by印南敦史さん〜誰でも早く読める〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「大好きなことをやって生きよう!」by本田健さん〜夢を叶える4つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top