世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「シンプルに考える」by森川亮さん〜こんな上司の下で働きたい〜

「シンプルに考える」by森川亮さん〜こんな上司の下で働きたい〜

森川亮さんさんが書かれた「シンプルに考える」を読みました。

シンプルに考える

森川さんが上司だったら、これまで以上やりがいを持って働けるとおもいました。

仕事に対する考えに共感しまくりです。

厳しいんだろうけど、森川さんみたいな上司のもとで働きたいです。

こんな上司の下で働きたい

広告

危険なのは、漠然とした安心感を求めること

仕事がら、社員の不安や不満をたくさん聞く立場にあります。

「将来に漠然とした不安がある」「不安を解消してほしい」という声が多いんです。

不安をネガティブに捉えて、なくそうと必死にもがいてます。

不安だからこそ、何か変化があったときに対応できるように準備ができるんです。

安心してると、なんの準備もできません。

明日何が起こるかわからないからこそ、先を見通し、今できることに集中することしかできません

不安は排除せずに、生き抜くために上手に活用しましょう。

やる気のない人はプロ失格

会社への要望に、「モチベーションを上げてほしい」というものが多いんです。

私は給料をもらいながら、モチベーションが上がらないというのはどうなのかなと思ってました。

森川さんは

「会社や上司にモチベーションを上げてもらわなければならない人は、プロ失格だと思うのです」

と書かれてます。

とても共感しました。

自ら学び、行動しようという気持ちのない人には、新しいものを生み出すことはできません。

どうやったら社員のモチベーションが上がるのかの議論はやめたいな。

仕事は自分で取りにいく

私の知っているサラリーマンには、仕事は与えられるものと考えている人は多いです。

そして、与えられた仕事に対して、愚痴をいっています。

得意なことややってみたいことをやり抜き、アピールすることは大切です。

会社も得意な人に任せたいのです。

「受け身」でいる限り、イヤな仕事が集まってきます。

毎日8時間を費やす仕事だからこそ、自分でとりにいく姿勢が大切です。

仕事はしんどくて当たり前

仕事がしんどくてやめたいという相談はよく受けます。

でも、楽な仕事はやってて楽しいのかなと疑問を抱いてます。

仕事を通じて、人の役に立ったとき、喜んでもらったときに、自分の存在価値が認められたと感じます。

そして、嬉しさ、幸せを感じることができます。

人に喜んでもらうには、いくつもの困難を乗り越え、結果を出す必要があります。

しんどくさを乗り越えて、これまで与えられなかった価値を届けるからよらこんでもらい、自分も幸せになれるんだと思います。

仕事はしんどくて当たり前。

しんどい仕事で結果を出したときほど、喜びは大きいです。

本当に好きでなければいい仕事はできない

仕事をしていてつくづく感じます。

本当に好きでないと、もっと知りたい、もっと良くしたいという気持ちは起こってきません。

サラリーマンは好きな仕事を選べず、今ある仕事を好きになるしか道はありません。

どんな仕事も誰かの役に立つためにあります。

どんな仕事も自分の想いや得意なことと重なる部分があります。

今の仕事で好きなところをたくさん見つけることが、いい仕事をするポイントです。

成功を捨て続けることが、成長につながる

過去の成功にしがみついていると、守りに入ってしまいます。

世の中はどんどん変化していきます。

同じことをやり続けていると、時代に取り残されてしまいます。

新しい挑戦をして、新しい価値を生み続けることで生き残ることができます。

もちろん、新しいことに挑戦すれば、失敗のリスクは高まります。

失敗を恐れていては、何もできません。

変化が激しい時代だからこそ、成功を捨て続ける意識が重要です。

まとめ

読んでて、気持ちがスッキリしました。

シンプル イズ ベスト ですよね。

大企業ほど複雑になり、誰のために、何のために仕事をしているのかわからなくなります。

何のために仕事をしているのかわからなくなったときこそ、この本を読んでください。

シンプルに取り組む勇気をもらえますよ。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「世界で一番シンプルな時間術」byマリオン&ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー〜今、この瞬間をこころから楽しもう!〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「何を捨て何を残すかで人生は決まる」by 本田直之~自由になるために大切な3つのこと~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「一流の人はなぜ、そう考えるのか」鳥居祐一 〜一流の人から学ぶ運の上げ方〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話 木暮太一~やりたいことをやるための7つのポイント~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

世界一ふざけた夢の叶え方〜夢を叶えるために実践したいシンプルな4つのこと〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top