世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

ブログはどうやったら見てもらえるの?〜ブログ・ブランディング塾 3回目〜

ブログはどうやったら見てもらえるの?〜ブログ・ブランディング塾 3回目〜

プロブロガーである立花岳志さんのブログ・ブランディング塾の3回目となりました。

ただいま二期生を募集中
大好評!2期「立花ブログ・ブランディング塾」お申し込み受付開始!!スタートアップ講座あり!!平日昼・平日夜・休日コース 5月開講!! | No Second Life

3回目は、どうやったらみてもらえるのかについて 学びましたよ

ブログはどうやったら見てもらえるの?〜ブログ・ブランディング塾 3回目〜

広告

読者は検索からやってくる

ブログはグーグルやヤフーで情報を探している人に見られることが多いのです。

プロブロガーである立花さんも、検索をされて読まれている数が多いんです。

多くの人に読んでもらおうと思ったら、検索で情報を探している人に読んでもらう必要があります。

どうしたら検索をしてる人に読んでもらえる?

検索する人はキーワードを必ず入れて検索をします。

例えば、新宿で居酒屋を探している人は、「新宿 居酒屋」とキーワードを入れて、インターネットで探します。

探す人が入れるキーワードが「タイトル」に入ってないと検索結果に表示されないのです。

検索する人とブログを書く人の接点は、「タイトル」なんです。

探す人を思い浮かべて「タイトル」を考えることが大切なんです。

検索を意識したタイトルをつけよう

新宿の居酒屋の記事を書くのなら、

「新宿で美味しい店発見」

というタイトルでは、新宿の居酒屋を探している人には届かないんです。

「新宿 〇〇 安くて、野菜が美味しい居酒屋」

など、検索しそうなキーワードをタイトルに入れる必要があります。

どんな人に読んで欲しいのかを考えて、タイトルを作る必要があります。

検索結果の上位に並ぶには記事数も大切

検索しても、トップページか2ページ目の検索結果しか見ませんよね。

書いたブログも2ページ目までに載らないと見てもらえません。

上位に自分の記事が乗るには、自分のドメインが強い必要があるのです。

ドメインを強くするには、多くの人に役に立つ情報がたくさんある必要があります。

自分のドメインを強くする方法の1つが記事数です。

例えば、私のブログが200記事の頃は、「銀座 久兵衛 ランチ」の記事は13ページ目にありました。

記事数が600を超えた今は、3ページ目のトップになっています。

上位に表示される要因は他にもありますが、記事数は重要なファクターです。

まとめ

ブログの「タイトル」は本当に難しいです。

ブログに書いたことが端的に表現されていて、かつ検索している人にも見つけてもらえるキーワードを入れる必要があります。

多くの人に見てもらうには、質のよい情報を書くだけでなく、検索する人との接点になる「タイトル」に頭を使う必要があります。

たくさん情報を書いているのに、なかなかPVが伸びない人は「タイトル」を工夫してみてはいかがですか?

もう1つ読んでみてはいかがですか?

ブログ・ブランディング塾 第2講〜ブログ初心者がブランディングをするうえで気をつけるポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

立花ブログ・ブランディング塾に参加して(第1回)〜ブログで人生を変えたい人にとって大切なのはことは?〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

人気ブログになるために必要なことは〜立花岳志さんの個人対面サービス5回目〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

ブログでブランディングをするためのポイント〜立花岳志さんの個人対面サービス4回目〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

立花岳志さんの個別対面 3回目〜時間に関して新たな気づきがありました〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top