世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その1)〜キャンプ場までの道のり〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その1)〜キャンプ場までの道のり〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ

御殿場にあるキャンプ場「やまぼうしオートキャンプ場」に家族キャンプへ行きました。

2泊3日ののんびりキャンプです。

やまぼうし オートキャンプ場

キャンプ場までの道のりをご紹介。

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その1)〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ〜

広告

出発

東名で御殿場へ向かいます。

出発して最初の休憩は、海老名SA。

メロンパン

カルビーキッチンのポテりこを購入

サービスエリアの誘惑には何回立ち向かっても勝てないですね。

渋滞もほとんどなく、御殿場へ。

順調すぎて、早く着きすぎました。

寄り道

早く着きすぎたので、富士山樹空の森へ。

富士山樹空の森(1000円もって公園へ行こう!)

冒険の丘。

ピョンピョンランド、チャレンジコース、パノラマコースと面白そうな遊具がたくさん。

子供たちはかなり興奮ぎみ。

頭をかがめずに、トンネルを抜けていく次女。

ボールの上で飛ぶ、長女。

1日目の朝から全力の子供たち。

大人はテントの設営に備えて、体力温存。

遊んだあとは、買い出し。

私が大好きな馬刺しの買いに行きます。

馬刺しが美味しいと噂のお店。

馬刺しだけで6種類も。

馬刺しの種類を選べるだけでも幸せ。

絶品馬刺しの記事はこちら
山崎精肉店(御殿場)〜馬刺しが6種類も、午前中に行くべし〜

特選とロースを100gずつ購入して、キャンプ場へ。

本当は全種類を買いたいけど食べきれないのでがまん、がまん。

キャンプ場到着

12時前にキャンプ場へ到着。

まずはチェックインします。

チェックインしたあとは、キャンプを設営する場所を探します。

やまぼうしオートキャンプ場はフリーサイトなので、空いてる場所ならどこでも好きなとこにテントを設営できます。

どこにテントを立てるかで、快適さは違います。

景色が良く、炊事場やトイレが程よく近いところが我が家の理想。

場所を探して、テントの設営へ。

まとめ

御殿場は長野や栃木に比べて近かったです。

高速道路の時間も長く、運転も楽でした。

そして、富士山の見えるフリーサイトが気持ちいい!

全面、芝生もたまらないです。

見るとこ全て緑。

新緑に癒されるキャンプ場です。

その2へ続く。

首都圏でキャンプ場を探すのにオススメ

施設情報

住所:〒412-0048 静岡県御殿場市板妻 630
予約電話番号:090-3588-2923
宿泊料金
管理棟窓口へ当日お支払い下さい。
オートキャンプ 1台 ¥5,000- (2日目より¥4,000-)
デイキャンプ ¥2,500-
オートバイ ¥2,000-

詳しくはこちら
やまぼうし オートキャンプ場

やまぼうしキャンプ場で様子はこちら

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その2 )〜キャンプ場での1日目の午後〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その3)2日目は 富士サファリパークへ〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ

やまぼうしオートキャンプ場 御殿場(その4)〜3日目は撤収して工場見学〜ゴールデンウイークに2泊3日の家族キャンプ

やまぼうしオートキャンプ場 「レビュー」〜芝生と富士山がきれいなキャンプ場〜

御殿場付近の情報はこちら

山崎精肉店(御殿場)〜馬刺しが6種類も、午前中に行くべし〜

御殿場でキリンの工場見学〜キリンディスティラリー 富士御殿場蒸留所〜

quan(チェン )〜御殿場の家庭的で美味しい中華料理〜

富士サファリパーク ウォーキングサファリ〜ライオンもトラも間近で見られるよ!〜

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top