大型連休あけに仕事に追われないためにしている工夫〜心地よく働くために〜

長期連休で溜まった仕事を片づけるために工夫していることを紹介します。

長期連休中は楽しいですが、連休あけの仕事はいつもにまして憂鬱ですよね。

溜まっている仕事を考えると気分が沈みます。

そこで長期連休あけの仕事をスムーズに終わらせるために工夫していることを紹介します。

ちょっとした工夫で溜まった仕事も1日で片付き、2日目からは普段通りの仕事ができますよ。

連休明けに楽しく仕事をするためにしている工夫

連休前

長期連休に入る前の準備が大事です。

どんな準備をしているのか紹介。

机を綺麗にしておく

会社についてすぐに仕事に取りかかれることが理想です。

気持ちよく仕事をスタートするためにも連休前には机をピカピカにして、整理整頓をしておきましょう。

連休あけにやることをメモしておく

連休前に考えていたことは連休ですっかり忘れてしまいます。

思い出すだけでも時間がかかってしまい、仕事が進みません。

そこで、連休あけにすることはメモをして残しておきましょう。

連休あけにメモを見るだけで、すぐに仕事に取りかかれます。

連休あけの初日には予定を入れない

連休あけは自分の仕事だけでなく、他の人から確認や相談などの割り込みが多く発生します。

連休あけに会議やアポイントなど予定を入れてしまうと自分の仕事まで手がまわらなくなります。

自分の仕事が片付かないと2日目、3日目もドタバタとしてしまいます。

連休あけの初日はアポイントや会議などよ予定を入れないことをオススメします。

連休あけ

前日の夜に1週間の予定を確認しておく

前日の夜には手帳を見ることをオススメします。

その週に何があるのかイメージしておくだけで、朝から仕事がはかどります。

することを確認するだけでも、安心して眠ることができますよ。

できたら少し早く出社する

大型連休あけは、なぜか電車がいつもより混みます。

久しぶりの満員電車は体力も気力も消耗させます。

気持ちよく仕事を始めるには、少し早く出て空いている電車で行きましょう。

他の人と関わる仕事から片づける

連休あけこそ、自分1人ではできない仕事から取りかかるのがポイントです。

午前中に連絡を取ったり、指示をしておくことで仕事がスムーズに進みます。

連休あけだと相手が忘れてることもあります。

早めに連絡しておくとトラブルなく進みますよ。

まとめ

連休を楽しめるかは連休前日と連休あけの初日で決まります。

連休前日の午後と連休あけの1日はあけておきましょう。

じっくり準備して、初日に溜まった仕事を片付けると2日目から普段通りです。

これからも連休中を心から楽しめるように工夫していきますよ。

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「サラリーマンは仕事を楽しめるのか?」へ挑む[No.1] | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

有給休暇を取って娘の幼稚園行事へ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

空き時間を作っておくと、新しい出会いが舞い込んでくる | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

会社の机の上に彩りを〜春バージョン〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です