世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWER 〜1泊2日キャンプ用に購入〜

Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWER 〜1泊2日キャンプ用に購入〜

我が家の2つめのテントに「Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWER」を購入しました。

購入したきっかけと使用した感想を紹介します。

キャンプは2泊3日がおすすめです。

2泊3日をおすすめしている記事
「これからキャンプを始めたい」と思っているあなたに、キャンプ初心者が得た4つの知識〜都会で働くサラリーマンのリフレッシュには『キャンプ』がおすすめ〜

初めてのテントは、2泊3日を想定して「スノーピークのトルテュライト」を購入しました。

トルテュライト購入の経緯
「スノーピーク トルテュライト」〜キャンプ初心者の我が家が初テントを購入するまで〜

もちろん、キャンプは2泊3日で行きたい!

この考えは変わりません。

3連休がないと、2泊3日の予定は組むことができません。

もっと、キャンプに行きたい!

そこで、1泊2日でも楽しむことができないと考えました。

実際に、「考えたこと → 購入するまで → 使ってみて」を紹介します。

Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWER 〜1泊2日キャンプ用に購入〜

キャンピングヒルズ鴨川 設営

広告

①1泊2日でキャンプを楽しむためために

キャンプで一番時間がかかるのは、テントの設営と撤収です。

スノーピークのトルテュライトを使うと、設営に2時間はかかります。
(初心者なので)

もちろん、撤収も時間がかかります。

そこで、簡単に設営・撤収の時間を半分にすることができたら、1泊2日でも楽しむことができる。

そう考えて、2つめのテントを探すことにしました。

②テント選び

設営が簡単なテントを探していくと、ワンポールテントが候補に上がってきました。

ワンポールテントにもいろいろあります。

2つめのテントなので、以下の2点を重視して探しました。

・値段が高くないこと

・コンパクトに収納できること

ちょうど、コールマンがCHACOとコラボレーションした

かわいい花柄のテントが発売されているのを発見。

値段

・コールマン:29,160円(税込)。

・スノーピークのトルテュライト:98,000円(税別)と比べると3分の1。

大きさ(収納時)

・コールマン:幅60cm✖️高さ16cm

・スノーピークのトルテュライト:幅70cm✖️高さ20cm

可愛くて、値段もリーズナブルで、収納サイズも小さい。

これで決まりです。

一番は見た目ですかね。

③使ってみて

1泊2日のキャンプで2度使いました。
(関連記事で使っている様子をごらんください)

簡単に設営・撤収できます。

設営・撤収は、スノーピークのトルテュライトの半分の時間ですみました。

これなら、1泊2日でもゆっくりと過ごすことができます。

狙い通り、1泊2日キャンプでものんびり楽しむことができました。

まとめ

2泊3日にこだわらず、1泊2日のキャンプができるようになることで、

行く時期、場所など幅が広がりました。

3連休がなくても、キャンプに行こうという気持ちが高まります。

まだまだ、キャンプシーズン。

1泊2日なら、あと1〜2回は行けるかな?

商品情報

コールマンのHPをごらんください

同じタイプのテントはこちら

Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWERをつかったキャンプの様子はこちら

キャンピングヒルズ鴨川〜1泊2日の秋キャンプ(後編)〜

キャンピングヒルズ鴨川 〜1泊2日の秋キャンプ(前編)〜

北軽井沢スウィートグラス(1日目)〜新緑が気持ちいい2泊3日の家族キャンプ〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

北軽井沢スウィートグラス(2日目)〜キャンプ場を堪能した2日目〜2泊3日の家族キャンプ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

北軽井沢スウィートグラス(3日目)〜撤収して、軽井沢を散策して楽しんだ3日目〜2泊3日の家族キャンプ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

丸沼高原オートキャンプ場 〜前編:キャンプ場までの道のり〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

丸沼高原オートキャンプ場〜中編:キャンプ初日〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

丸沼高原オートキャンプ場〜後編:雨の中の撤収&マス釣り〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top