世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

世界一幸せなサラリーマン[No.5]~心地よく仕事をするために仕事前にしてること~~

世界一幸せなサラリーマン[No.5]~心地よく仕事をするために仕事前にしてること~~

サラリーマンとして心地よく楽しく働くために、今実践していることを紹介しています。

今回は、朝一でやっていること。

自分の感情と向き合う時間を作ると少しずつ心地よさが増えてきたんです。

そんな取り組みをご紹介!

世界一幸せなサラリーマン[No.5]~心地よく仕事をするために仕事前にしてること~

広告

これまでは

やることをリストアップして、効率的に実行することを優先的に考えていました。

限られた時間でより多くのことに取り組むかについて力を注いでいました。

サクサク仕事を終えたときは達成感はあります。

しかし、充足感はないんです。

頭で考えて、行動することがメインで、感情は置いてけぼりにしてました。

感情を置き去りにしてしまうと充足感は感じられないですよね。

きっかけは

もっと仕事をしながら、心地よさ、充足感を感じるためにはどうしたらいいのか悩んでました。

そんな時に読んでいた本「ザ・シークレット」の中に、

「自分が過ごしたい1日を前もって創造する」重要性が書かれていました。

何をするかには時間を使って考えたましたが、

「どんな1日にしたいのか」については時間を使っていなかったのです。

どんな気分で仕事をしたいのか考えなければ、心地よさを味わえないと気がついたのです。

「やり方」より「あり方」を考えることに時間を使うことに決めました!

新しく始めたことは?

仕事を始める前に、どうしたら仕事をしながら心地よさを味わえるのかを考える時間を取るようにしました。

15分くらい毎日考えてます。

具体的にはノートを広げて、

・仕事のなかでどうやったら心地よさを味わえるのか?
・どんなときに充足感を感じられるのか?
・どうしたらワクワクが感じられるのか?

について頭の中で考え、ノートに書き出します。

これが意外と難しいんです。

初めのうちは全く書けませんでした。

私の心地よいポイントは?

何日か挑戦していると少しずつ出てきました。

今の私が心地よさを感じる時は

・仕事仲間と前向きな話ができた時
・目指す姿が共有できた時
・仲間と目標に向かって仕事を進められた時
・じっくり考える時間が取れた時
・やるべきことに自分なりの意義を見出せた時

です。

自分の心のあり方と周囲との関係が大事なポイントです。

効率よくたくさん仕事をこなすことは心地よいポイントではありませんでした。

まとめ

自分がどうやったら良い気分になるのかよくわかってません。

そもそも、今何を感じているのかもよくわかってないんですよね。

自分のことを感じる力を高めて、心地よく仕事ができる状況を見つけていきます。

いくら働いても充足感が得られない人は、「仕事のやり方」より「自分の感情」に注目してみてはいかがですか?

参考にした本

もう1つ読んで見てはいかがですか?

世界一幸せなサラリーマン[1日目]〜始めます!〜

世界一幸せなサラリーマン[2日目]~出張の楽しみ方~

世界一幸せなサラリーマン[3日目]~疲れたら、怠けてちゃんとしない~

世界一幸せなサラリーマン[4日目]~目指すきっかけは?~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top