世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

「人生のシフト」by牧野内大史さん〜人生はちょっとした気づきで変わる〜

「人生のシフト」by牧野内大史さん〜人生はちょっとした気づきで変わる〜

牧野内大史さんが書かれた「人生のシフト」を読みました。

自分は今のままの自分でいいんだという安心感を得られる本です。

どんなにがんばっても、苦しく、不安で、幸せを感じられない人にオススメの本です。

今の自分の捉え方を変えるだけで、自分らしく、豊かに生きられるんです。

苦しく、不安な自分を変えるためのポイントを紹介します。

「人生のシフト」by牧野内大史さん〜人生はちょっとした気づきで変わる〜

広告

苦しいのは考え方のせい

がんばっても、がんばっても苦しいのは、「山のぼり思考」をしているからなんです。

「山のぼり思考」とは一般的に言われている成功や幸せを目指して、

成功者と呼ばれている人からスキルやノウハウを学び、

ひたすらゴールを目指して、他人と競争している考え方です。

この考え方をもっていると

・しなければならないことリスト
・手に入れなければならないリスト

を書き出し、このリストに沿って行動します。

どんなに行動をしても、リストは無くなりません。

「山のぼり思考」をしている限り、

・しなければならないリスト
・手に入れなければないリスト

に縛られて、苦しく、不安で、幸せを感じられないんです。

山のぼり思考を手放すには?

では、どのようにして「山のぼり思考」を手放したらいいんでしょうか。

それは、「なりたい自分」を手放すことです。

「なりたい自分」を持っているということは、現在は「なれていない自分」がいると考えているからなんです。

今の自分はダメ、将来の目標を達成している自分はOKとしている考え方なんです。

なので、目標を達成するまでずっとダメな自分が続いていくんです。

ダメな自分を感じているから、苦しくて、不安なんです。

そこで、あえて「なりたい自分」を手放すことで、苦しみや不安を手放すこともできるんです。

なりたい自分を手放した後はどうしたらいいの?

「なりたい自分」という目標を手放してしまうと何をしたらいいのでしょうか?

行動できなくなってしまうという人もいると思います。

どうしたらいいかわからない人は、「意図」をもとに行動をしてみましょう。

ここでいう、意図とは、今の自分が望んでいることです。

自分が今のぞんでいることなので、自分のなかにあるものをベースに行動することになります。

目標は今「ない」ものがベースです。

一方、意図はいま「ある」をベースに行動することになります。

「ある」をベースに行動すること、不安や苦しみなく行動できるんです。

まとめ

がんばってもがんばっても、不安で苦しい人生を変えるには

「ない」から「ある」へ意識を変えることが重要です。

今は「ない」をベースにした「目標」を基本にした行動から

自分の望んでいることをベースした「意図」を基本にした行動へ変えることです。

「目標」を掲げて目指すことが当たり前だった私たちにはとても違和感があります。

でも、目標を掲げて、一生懸命がんばったけど辛い人は、一度これまでの考え方を手放してみては?

人生のシフトをチェックしたい方はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「アルケミスト 夢を旅した少年」byパウロ・コエーリョ氏~何を信じて生きていけばいいのか悩んでいる人へ~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「とにかくウツなOLの人生を変える1ヵ月」by はあちゅうさん~見方を変えれば、人生はあっという間に変わる!~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「がんばらない成長論」by心屋仁之助さん~がんばっても辛い人の解決法はがんばらないこと~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

いいかげんに生きる 心屋仁之助〜自分の人生を取り戻すためにしたい4つのこと〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

競争からちょっと離れると、人生はうまくいく 枡野俊明〜競争から離れて自分らしく生きる5つのポイント〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top