世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

心屋塾 Beトレ「好き、嫌い」(2016年7月)〜好きを疑ってみると人生がひらけるよ~〜

心屋塾 Beトレ「好き、嫌い」(2016年7月)〜好きを疑ってみると人生がひらけるよ~〜

心のお稽古として、心屋塾のBeトレに参加してきました。

生で心屋さんの話を聞くと、場の力もあるのか新しい気づきがいっぱいあるんです。

嫌いなことはしないと決め手、自分の嫌いについていろいろ考えてきました。

一方で、好きについてはほったらかしでした。

自分の好きについても、アレコレ考えると新しい気づきがありました。

自分の好きについて考えるといいですよ。

心屋塾 Beトレ「好き、嫌い」(2016年7月)~好きを疑ってみると人生がひらけるよ~

広告

なぜ好きかをひもとこう

「好き」って、良さそうなことなんで深くは考えてきませんでした。

しかし、

なぜ「好き」かをひもとくと、本当の好き以外の理由があるんです。

それは、

・母親が喜ぶこと
・人気がありそうなこと
・褒めてもらえそうなこと
・すごいやつと思われそうなこと
・嫌われそうになさそうなこと
・無難なもの

を自分の好きということにしてしまっていることがあるんです。

他人から嫌われない、良く思われたいとも気持ちからできた「好き」があるんです。

このことを聞いて、おや?って思ったんです。

私のこれまでの趣味って、その時に流行っていることがおおくて、

世の中のブームが去ると自分の好きも冷めていきます。

妻からは、「いろんなことに興味を持つけど、続かないよね」って言われてました。

この論理を知ると、続かない理由がよくわかります。

だって、本当に好きじゃないんだもん。

周りの人に認めてもらいたくて、人気がありそうなことを自分の好きにしてるんだから。

好きなことも他人軸で生きてきた自分を発見。

なんだかスッキリしました。

本当の好きかどうに気づく方法

「好き」に潜む罠は巧妙です。

でも、「好き」なことにしていることに気がつく方法があるんです。

その「好き」なことをして人生がうまくいっているかどかなんです。

「好き」なことをやっているのに苦しかったり、うまくいっていないと、

それは「好き」なことにしている可能盛大。

そんな時は、思い切って「好き」なことにしていることを辞めてみましょう。

辞めることで気がつくことが多いんですよね。

本当に「好き」なことだったら、辞めた後も自然とやりたくなるんです。

「好き」なことに囲まれているのに、人生がうまくいっている気がしない人は

1度「好き」にしていることを辞めてみましょう。

つきつめて残ったものが本当の好き

他人の目を気にしていると「しなきゃ」「すべき」なことを自分の「好き」にして生きているんです。

良く見られたいし、「嫌われたくないし、仕方ないんです。

この生き方をして、しんどくて、楽しくないんなら、「好き」なことにしたことを捨てていくしかないんです。

本当の好きって

・自然とテンションが上がる
・他人の目が気にならない
・反対されてもやってしまう
・そのことで認められようとはおもわない

など他人なんて一切気にならないことです。

自分の心だけを信じて、ときめかないものはどんどん捨ててみましょう。

捨てていって、残ったものが本当の好きなんです。

そして、本当の好きだけに囲まれると、豊かで幸せな人生を送ることができます。

まとめ

これまで自分が「好き」と思っていることに疑ったことなんてありませんでした。

心屋さんの話を聞くにつれて、他人の目を気にして「好き」なことにしていることがたくさん潜んでいそうな気がしました。

これからは、自分の中のダミー「好き」をどんどん暴いていきます。

ちなみに、心屋さんは3年くらいかけて、本当の「好き」にかこまれるようになったといっていました。

私も、ゆっくりと時間をかけて、本当の「好き」だけに囲まれて生活できるようにしていきます。

心屋仁之助さんのオススメの本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

心屋塾 Beトレ「常識の逆を行く」~うまくいかなかったら、信じている常識をうたがってみよう~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

心屋塾 Beトレ「成長」~成長と自分の古い殻を破って脱皮すること~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

心屋塾 Beトレ(2016年2月)〜ターニングポイントとは大切だったことを捨てること〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

心屋塾Beトレ 「夢」VOL.53~自分の「〜したい」をどれだけ大切にしてますか?~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

心屋仁之助 Beトレ12月〜自分のダメなところを許すと自由になれるよ〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top