世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

れんげ荘 by群ようこさん〜早期リタイヤを追体験できる本〜

れんげ荘 by群ようこさん〜早期リタイヤを追体験できる本〜

群ようこさんが書かれた「れんげ荘」を紹介します。

働いている人は1度は夢みたことがあるんではないでしょうか。

お金をたんまりためて、早期リタイアし、悠々自適な日々を過ごすことを。

会社に行かなくていい生活がおくることができたらどんなに幸せかと。

そんな夢を叶えた主人公の話です。

リタイヤ生活を疑似体験きた中で、私の心に引っかかったところを紹介します。

れんげ荘 by 群ようこさん〜早期リタイヤを追体験できる本〜

広告

月10万円の暮らし

定年まで15年、45歳でのリタイア。

四桁の貯金があるとはいえ、月10万円の暮らしをしています。

独身なので、家賃3万円、生活費7万円で暮らしていけるんですよね。

一番の不安は今後の収入が一切ないこと。

ずっと、貯めていたお金が減っていくだけの生活になれるのが大変そうです。

減っていくだけって不安ですよね。

自由を取ると、不安がついてくる。

安心をとると、不自由がついてくる。

どちらを選択するかは自分次第。

退屈との戦い

主人公は自由を手に入れた後にやってきた退屈と戦っていましたわ

バリバリのキャリアウーマンとして働いていた主人公とって何もしなくていい環境は未知です。

何もしていない自分について、くよくよと悩んでいるんです。

この状況は共感。

私もたまに何もしなくていい日があると嬉しいんですが、これがずっと続くと嫌になってしまいます。

何もしなくていい自分を受け入れるまでの葛藤がとても面白いんです。

過去を手放して、諦めて、現実を受け入れてくしかないんです。

これって、楽しく働くコツに似てるって勝手に思ってました。

何事にも、いい諦めは大切です。

まとめ

宝くじが当たったら会社を辞めたいなと夢見ている方に読んでほしいですね。

結局、人はないものねだりなんです。

自分が選んだ状況を自分で楽しむ努力をしないと楽しくはなんないんです。

そんなことに気づく本です。

詳しくは「れんげ荘」を手に取ってみてください。

れんげ荘をチェックしたいかたはこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

ヒーローズ(株)by北川恵海~心が軽くなって、元気になる小説だよ!~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「ちょっと今から仕事をやめてくる」北川恵海 〜仕事への関わりかたを見つめ直す小説〜 | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

「とにかくウツなOLの人生を変える1ヵ月」by はあちゅうさん~見方を変えれば、人生はあっという間に変わる!~ | 世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top