世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

バンコーヒー(buncoffee)〜市ヶ谷駅近のこじんまりとしたカフェ〜

バンコーヒー(buncoffee)〜市ヶ谷駅近のこじんまりとしたカフェ〜

市ヶ谷「BunCoffee」へ行ってきました。

「buncoffee」はオーストラリア発オーガニックコーヒーロースターです。

どんなお店かというと

”バンコーヒーは2005年デビットケネディーが立ち上げました。オーストラリアのバイロンベイにある焙煎所で、彼自身が世界中から選び抜いた豆をそれぞれの豆に合った焙煎方法により6種類のスペシャルなブレンドを完成させました。

オーガニックストロングエスプレッソを始め、本日のコーヒーとしてその他のブレンドもお楽しみいただけます。
コーヒーは勿論、フードのお持ち帰りや豆の販売はギフトにもおすすめです。”
(HPより)

ちょっと、コーヒーを飲みに行くのによいお店です。

市ヶ谷「buncoffee」〜市ヶ谷駅近のこじんまりとしたカフェ〜

入り口

BunCoffee 入り口

通りに面したところにあります。

BunCoffee 看板

店内

まずは、注文をします。

BunCoffee メニュー

コーヒー中心のメニューです。

当店定番の「ロングブラック」にしました。

ロングブラックとは

”主にオーストラリアやニュージーランドで形成されたコーヒーの飲み方の一つです。
お湯を注いだカップを用意し、そこにエスプレッソを注ぎます。”
(HP「【ショートブラックとロングブラック】」よ
り)

店内はカウンターが5席、テーブルが1席の小さなカフェです。

BunCoffee テーブル席

こちらが、唯一のテーブル席。

BunCoffee カウンター席

カウンター席からは通りが良く見えます。

カウンター席が埋まっていたので、テーブル席に座りました。

広くはないので、ゆっくり考え事したり、本を読んだりするのには向いていないかも。

「ロングブラック」をいただきます。

BunCoffee ロングブラック

さっぱりとした味です。

エスプレッソをお湯で薄めると、薄いというよりマイルドな感じがします。

酸味と苦味もうっすらといい具合で感じることができます。

飲みやすい!

広告

まとめ

今度はドリップコーヒーを飲んでみたいです。

行った日は、ドリップコーヒー用の豆がなかったので、メニューから消えていました。

そして、ランチボックスも食べてみたい。
(13時には完売してしまうそうなので、早めに行こう!)

11月の出張の時には、立ち寄ってみたいと思います。

お店情報

住所:〒102-0076 東京都千代田区五番町4-2
電話:03-3288-3008
営業時間:【月〜金】7:30〜19:30
【土】10:00〜18:00
定休日:日・祝休

もう1つ読んでいきませんか?

Paul Bassett(ポールバセット)新宿店 〜バリスタ世界チャンピオンプロデュースのお店〜

「音楽と珈琲の店 岬」〜映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地へ訪問〜

maru (マールーウ) 〜さいたま新都心にある庭が美しいカフェ〜

「Cafe Edomons(カフェ えどもんず)」〜ふるカフェで極上のコーヒーを〜

Nordic Restaurant & Bar leikkimokki 〜埼玉県入間市にある木の香りが素敵なログハウスカフェ〜

cafe BASE「茗荷谷」〜注文してから出てくるまでが早いカフェ〜

Osle Coffee(オスロコーヒー 五反田駅前店)〜コーヒーにこだわったお店〜

てらにし珈琲店(本店)〜広島のシブいお店でモーニング〜

The Coffee Bean & Tea Leat(コーヒービーン & ティーリーフ 日本橋店)〜ビジネス街のおしゃれなカフェ〜

「ゴリラコーヒー 渋谷店」〜スタイリッシュで力強いコーヒーが飲めるお店〜

茗荷谷『学下コーヒー』 リフレッシュするには最高の空間

「常盤珈琲 大宮店(埼玉)」おしゃれでお気に入りのコーヒー豆店

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top