世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

お昼休みにごはんを抜いて、散歩をしてみた[かくさんのやってみなはれ]

お昼休みにごはんを抜いて、散歩をしてみた[かくさんのやってみなはれ]

かくさんは、楽しく働くために小さな挑戦をたくさんしています。

人生をよくするポイントは、日々にどんな習慣を持っているかが大切です。

ただ、自分にとってどんな習慣がいいのかなんて、やってみないとわかりません。

そんなわけで、思いついたことはすぐにやってみてみます。

基本的には、本やセミナーで学んだことを自分なりにアレンジして挑戦していますよ。

今回は、お昼休みの過ごし方を変えました。

お昼休みにごはんを抜いて、散歩をしてみた[かくさんのやってみなはれ]

広告

これまで

お昼の過ごし方は

①昼食を食べる
②コーヒーを飲みながら、ブログを書くか、本を読む

でした。

まあ、普通のお昼休みですよね。

楽しいお昼休みだったんですが、午後に眠くなったり、体が凝って集中力が落ちたりすることが多かったんです。

眠くなるのはお昼ごはんの影響だろうし、午後に体が固まるのは動いていないから。

変更点は

午後も充実した時間を過ごしたいと考え、

①お昼ごはんは食べずに散歩をする(25分)
②机に戻って、軽くストレッチ(5分)
③ブログを書くか、本を読む(30分)

へ変更することに。

ごはんを食べずに、体を動かす。

とっても安易な発想です。

やってみて

お昼を抜いて、体を動かすという安易な発想なんですが、やってみると意外といい。

何がいいかって?

お昼ごはんを食べないと、午後は眠くならなし、体が重くなることもないです。

さらにお昼に散歩をしてるので、体がほぐれていい感じ。

散歩をすると、体だけでなく心もほぐれて、穏やかな気持ちで仕事ができます。

思ったよりお腹の減りも気になりません。

おっ、理想の午後に近づいた?

まとめ

いい感じだったので、数週間続けてみます。

自然に続けられるかチェックします。

仕事関係者や仲間とランチをするときは食べますが、基本はお昼抜きで過ごしてみます。

健康に関心をもっている「鳥居祐一」さんもお昼ごはんを抜いているんですよね。

このことは、鳥居祐一さんが書かれた「一流の人はなぜ、そう考えるのか」にも紹介されてます。

書評はこちら

「一流の人はなぜ、そう考えるのか」をチェックしたい人はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「一流の人はなぜ、そう考えるのか」鳥居祐一 〜一流の人から学ぶ運の上げ方〜 | 世界一幸せなサラリーマン

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top