世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

社内で味方を増やす方法~幸せに働くコツ~

社内で味方を増やす方法~幸せに働くコツ~

サラリーマンとして1人の力だけでできることは限度がありますよね。

個の力は大切です。

サラリーマンとして成果を出し続けるには、多くの人に協力してもらう必要があります。

応援してくれる人が多ければ多いほどいいんです。

では、どうやって応援してくれる人を増やすのか。

実は簡単な方法があるんです。

いつも私が実践している方法を紹介します。

社内で味方を増やす方法~幸せに働くコツ~

広告

仕事に関わる人を書き出す

自分の仕事を進めていくうえで、誰の協力を得られるともっとスムーズに進むのか考えます。

上司は外せないですよね。

そのほかにも

組織メンバー
優秀な先輩や後輩
経験豊かなベテラン社員
自分の組織外の人

さらに、会社の外の人もいるかもしれません。

書き出してみると、自分の仕事って多くの人と関わっているんだなって気づきます。

質問を投げかける

いきなり「応援して」ってお願いしても、なかなか応援してもらえませんよね。

そこで、応援して欲しい人に話を聞きに行くんです。

例えば、私は上司に

・どんな想いで仕事をしているのか
・達成したい目標
・のりこえたい課題

を聞くようにしています。

個別で話を聞くと、会議などでは聞けなかった本音がたくさん出てきます。

相手のことを知りたいと思って質問すると、答えてくれることが多いです。

行動を見直す

上司から目標や課題を聞き出した後は、自分の仕事を通して貢献できることを考えます。

ここが大事。

自分と相手のウィンウィンを探すんです。

見つかったら、自分の目標に加えて、あとは行動のみ。

最低でも半期ごとに聞きにいっては、目標設定の参考にしてました。

これだけで、上司は自分の思いや目標に共感してくれていると感じてくれるんです。

自分の目標に共感してもらうとうれしいですよね。

上司がこいつは自分の協力者だと思ってくれるまで、コツコツ行動を積み重ねます。

まとめ

会社で仲間を作りたかったら、相手に関心をもち、自分の仕事を通してできることを考えるのがポイント。

自分の仕事を通して貢献すると、相手と自分のためになるので続けても苦痛にはならないんです。

私は相手のことを考えてる時のほうが頑張れちゃうかも。

味方が多いと本当に働きやすいですよ!

働き方を考えるのに参考になった本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

二次会の断り方〜年間120日飲み会に行っていた私が二次会を断るためにした4つのこと〜

働きすぎたから変われなかったんだよな[ひとりごと]

日々の生活ががつまらなくなったら、知らないところへ旅するといいよ。[ひとりごと] | 世界一幸せなサラリーマン

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top