世界一幸せなサラリーマン

エンジョイ サラリーマン

サラリーマンとして自分らしく働くために工夫したことは?~幸せに働くコツ~

サラリーマンとして自分らしく働くために工夫したことは?~幸せに働くコツ~

サラリーマンは

・上司に言われたことを
・上司が気に入る方法で
・上司が決めた期日まで

にやらないといけないですよね。

これは部下の定め。

お給料をもらっているんですから、会社の指示に従うのは当然。

でも、もっと自分らしいやり方で働くことができたら良いなって思ったんです。

様々な工夫を重ねた結果、自分らしく働ける方法を見つけたんです。

その方法を紹介しますね。

サラリーマンとして自分らしく働くために工夫したことは?~幸せに働くコツ~

広告

全ての自由は諦める

仕事には、「やること」「やり方」「期限」の3つの要素があると勝手に分解しています。

サラリーマンが全てを自由に決められることはありません。

なので、全ての要素で自由になりたければ独立するしかないのです。

ただ、「やり方」については、自由を得られる余地があるんです。

「やり方」の主導権を上司が持つ理由は?

なぜ、上司は「やり方」まで指示するのでしょうか?

経験上、うまくいくやり方を知っているので指導している側面もあると思います。

実はそれ以上に、上司は自分が安心したいから、「やり方」を求めることがあるんです。

自分の理解できないやり方をする部下がいる、不安で不安で仕方ないんです。

上司は不安なことが大嫌いなんです。

大切なのは、上司の安心。

安心を得るには

上司から安心を得るのに大切なのは、信頼される部下になることです。

あいつなら必ず仕上げてくれるので任せようって思われることが大切。

そのためには、上司に

定期的に進捗具合を報告すること
定期的に進め方を相談すること

が大切です。

部下が何をやっているのかわからないのが、上司の一番の不安なんですよね。

さらに、自分が与えられた仕事を出来るまでやり遂げることも大切です

最後の最後に逃げ出す人には、誰も信頼しません。

安心を得たら

信頼が得られたなという実感を得られたら、自分が考えた「やり方」を提案しましょう。

ポイントは上司のやり方を否定しないこと。

「あなたのやり方は古いんです。」なって言っちゃったら、二度とその上司からは信頼されないでしょうね。

否定をしない範囲で、マイナーチェンジを進めていくんです。

マイナーチェンジだと、上司も聞く耳をもってくれるんです。

いきなり大きな変更を加えると、上司もびっくりして否定しやすくなります。

大切なのはちょっとずつ、上司の抵抗が生じない程度で。

マイナーチェンジを繰り返すと、いつの間にかほぼ自分のやりたいやり方で仕事を進められるようになります。

自分らしく働くためなら、地道な作業も耐えられます。

まとめ

仕事を与えてくれるのは上司なんです。

だから、上司の信頼を得なければ、自分のやりたい方法で仕事はできません。

だから、信頼を得る行動を積み重ね、少しずつ自分のやりたいやり方に近づけていくんです。

あせってはいけません。

サラリーマン人生は長いんです。

自分らしく働くためのキーポイントは上司からの信頼を得ること。

幸せに働くヒントをもらえる本

もう1つ読んでみてはいかがですか?

しあわせになれる『はたらきかた』武田双雲〜サラリーマンが楽しく働く5つのポイント〜

幸せな働き方を目指して、幸せに働く能力を磨いたよ~幸せに働くコツ~

1日1分を意識して時間を使うと時間に追われなくなる~幸せに働くコツ〜

社内で味方を増やす方法~幸せに働くコツ~

「会社のために働くな」by本田宗一郎~悩みながら働いてる人を勇気づける言葉がぎっしり!~

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top