上司に腹が立った時の対処法は?

上司に不満を持っているサラリーマンって多いですよね。

労働組合の仕事をしてると、上司の不満はよく聞きます。

部下が上司を見て、腹を立てていることも沢山あります。

自分が腹を立てていたら、悪い気分が続くだけ。

よく考えたら、時間の無駄ですよね。

どうせなら、いい気分で仕事をしたいもの。

上司に腹が立って仕方がない人へ、上司に腹が立ってたって仕方がない時の対処法を紹介します。

上司に期待しすぎ

よく腹をたてる部下は、上司に対して無意識に多くの期待をしています。

  • リーダーシップがある
  • ビジョンがある
  • 包容力がある
  • 話を聞いてくれる
  • 部下全員を公平に扱う
  • 常に部下のために力を尽くす

などなど。

腹を立てている時は上司が悪いと思いがちです。

部下は勝手に上司へ期待を抱き、勝手に落胆して、腹を立てているだけ。

上司からしたら、いい迷惑ですよね。

上司に何を求めるのか?

上司も人間なので、完璧ではありません。

上司には長所と短所もあれば、できることとできないこともあります。

上司に多くのことを期待しすぎると、満たされないことも増えていきます。

では、上司には何を求めたらいいのでしょうか?

究極は、何も求めなければいいんです。

期待をしなければ、落胆することもなければ、腹をたてることもありません。

でも、何も期待せずに上司と付き合うのは寂しいですよね。

上司とどう付き合うのか?

では、上司とどのように付き合えばいいのでしょうか?

上司がどんな役割を持っているのか理解して付き合うことをオススメします。

私にとって上司は、仕事をくれる人であり、評価をする人です。

だから、上司からいい仕事をもらえるように、いい評価をもらえるように割り切って付き合えばいいんです。

いい仕事をもらい、いい評価をもらうには、上司から信頼されることが大切です。

腹が立つからといって、上司と喧嘩するのはもってのほかです。

関連記事
>>>上司と喧嘩をするのは、百害あって一利なし〜上司に刃向かって報われない人を何人も見てきた労働組合トップの経験から〜

どうしても耐えられない上司だったら?

ただ、どんなに割り切って付き合おうと思っても、耐えられない上司もいるでしょう。

そんな時は、これまで以上の力を使って、自分と組織の成果をあげることに注力します。

組織の成果が上がれば、上司は出世して他の部署に異動する可能性が高くなります。

また、個人として成果をあげれば異動希望を叶えてくれる可能性が高くなります。

上司と自分が異動しなくても、抜群の成果をあげてたら転職にも有利です。

まとめ

上司に腹を立てて嫌な気分になった時は、上司に期待しすぎていないかチェックしましょう。

自分が勝手に理想の上司像を描いているに過ぎないこともあります。

期待しすぎなければ、腹が立つことも減ります。

上司とうまく付き合えないなと悩んでいる人にオススメの本

書評はこちら
>>>まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたらすぐ読む本 心屋仁之助〜自分らしく生きて、まわりともうまく付き合うために知っておき、挑戦したいこと〜

上司との付き合い方に関する情報はこちら

上司と喧嘩をするのは、百害あって一利なし〜上司に刃向かって報われない人を何人も見てきた労働組合トップの経験から〜

上司といい関係を築く秘訣は?~よい上司に恵まれたらいいなという淡い期待を捨てること~

上司に怒られても傷つかない方法は?

「明日クビになっても大丈夫」byヨッピーさん〜上司に嫌なことを嫌と言えずに悩んでいるサラリーマンにオススメ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください