ユニフレーム ライスクッカーミニDX【口コミ・感想】約15分で炊きたてのご飯が食べられる

キャンプでカレーやおにぎりを食べると本当においしいんです。

でもご飯を炊くのは面倒だなって思ている人はいませんか?

ガスコンロとライスクッカーミニDXさえあれば、簡単においしいご飯が炊けます。

ライスクッカーミニDXは3合まで炊けるので4人家族の我が家にはぴったりの大きさ。

キャンプをするときの必需品です。

簡単にご飯が炊ける鍋ユニフレームの「ライスクッカーミニDX」を紹介します。

ユニフレーム ライスクッカーミニDX【口コミ・感想】約15分で炊きたてのご飯が食べられる

大きさ

【サイズ】
約φ165×93mm

【材質】
本体:アルミニウムフッ素加工(板厚1.5mm)
フタ、ハンドル:ステンレス鋼
ツマミ:天然木

【重量】
約415g

【ほか記載事項】
満水容量:約1.8L
適正炊飯量:1~3合

となってます。

大きすぎず、使いやすいサイズです。

鍋の特徴

美味しさの秘訣1 重いフタ

軽く圧力をかけるための重量を持ったフタです。

このフタの動きが難しい火加減のタイミングを教えてくれます。

美味しさの秘訣2 大きなフチ

大きな立ち上がりを持ったフチは吹きこぼれを防ぎ、水分を鍋の中に戻してくれます。

鍋の内側に目盛りが付いてます。

計量カップが入らないので便利です。

ご飯の炊き方と時間

こちらが炊き方。

鍋を購入すると付いています。

お米を洗って鍋に入れます。

お米の量にあわせて水を入れます。

メモリがついているので計量カップはいりません。

約30分ほど水に浸したら火にかけます。

まずは強火で鍋のふたがカタカタ言うまで待ちます。

数分で鍋の蓋の脇から泡がぶくぶくと出てきます。

ぶくぶくするまでは、躊躇なく強火でOKですよ。

ふたがカタカタ鳴り出したら、弱火へ。

弱めるポイントはふたがカタカタいう程度。

面倒な方は、とにかく弱火でOKです。

火を止めるポイントは、鍋の隙間から湯気が出なくなったら。

この間は、鍋から目を離さないのがポイント。

時間でいうと10数分程度です。

湯気が出なくなったら、火を消して5分待ちます。

すると、きれいにご飯が炊きあがります。

注意点
鍋が傾いていると、炊き加減にムラが出て失敗しやすいです。
鍋が水平になるようにコンロを設定してください。

まとめ

キャンプで食べるカレーやおにぎりは最高に美味しいです。

「ライスクッカーミニDX」だったら、簡単に美味しいご飯を炊くことができます。

我が家の必需品。

3合以上炊きたい人はfanライスクッカーDXがあります。

かくさん

我が家で活躍するキャンプ用品はこちら
「スノーピーク トルテュライト」 レビュー〜安心感がたまらないテント〜
Coleman × CHACO ウインズライトティピ―325/ FLOWER 〜1泊2日キャンプ用に購入〜
サーモス保冷缶ホルダー【レビュー】アウトドアで冷たいビールを飲むならこれ
ユニフレーム ユニセラ TG-Ⅲ 【レビュー】コンパクトな卓上バーベキューグリルは便利!!
MUNIEQ Tetra Drip (テトラドリップ)【レビュー】アウトドアでコーヒーを淹れるのに薄くて便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください