社員が長時間労働を改善し、残業を減らさない理由は?

社員がなぜ長時間労働を改善しないのか。

労働組合が長時間労働削減への取り組みを進めようとすると、現場で起こる反発。

その理由は、残業削減がメンバーにとってメリットがないからです。

むしろ、長時間労働を改善することはデメリットなんです。

長時間労働を改善することで発生するデメリットを紹介します。

社員が長時間労働を改善し、残業を減らさない理由は?

収入が減る

残業をすると、収入は増えます。

残業が当たり前になると、残業代込みの月収で生活するようになります。

残業を減らすと、収入が減ってしまいます。

収入が減ると、生活レベルを変えないといけなくなります。

生活が苦しくなるのは嫌だから、残業を減らしたくない人は多いんです。

会社は残業代がある前提で生活するのはおかしいと言いますが、そんな理屈は通用しません。

評価が下がる

長時間仕事をしている方が、頑張っているという評価をもらえます。

私の会社だけかもしれませんが、長時間労働は美化されます。

努力して仕事を効率化しても、褒められることはありません。

むしろ、仕事を効率化して早く帰ると、手を抜いているとみなされてしまいます。

頑張って、評価が下がるなんて最悪ですよね。

評価が下がれば、ボーナスもたくさんもらえません。

残業代が減って、ボーナスまで減るとダブルパンチ。

負担が増える

同じ仕事を、より短い時間で終わらせるためには努力が必要です。

スキルを磨いたり、勉強したり、やり方を変えたり試行錯誤することになります。

いつもより負担が増えます。

しかし、私の会社ではできる人に仕事が集まる傾向にあります。

なので、頑張って仕事を効率化しても、プラスで仕事がやってきて結局長時間となってしまうんです。

せっかくの努力が報われません。

上司は、1人だけ早く帰って、組織風土が乱れることを嫌がります。

仕事が遅く、長い時間働いている人を大切にしているんです。

まとめ

長時間労働を改善しても、社員にとって全くメリットはありません。

努力をしても、収入は減り、評価は下がり、負担が増えます。

こんな状況では、誰も長時間労働を改善しようとはしませんよね。

長時間労働を改善するには、社員本人の意識だけでなく、会社の仕組みや上司の意識を変えないと何も変わりません。

長時間労働を改善する必要を知りたい人にオススメの本

書評はこちら
結果を出して定時に帰る時間術 by小室淑恵 〜私のサラリーマン生活を変えた本〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

我が社の長時間労働がなくならない本当の理由は?

残業せずに定時で帰る方法〜入社して12年間ずっと残業してたぼくが毎日定時退社できるようになるまでに実践した10のこと〜

自分の時間を作るために捨てた5つのこと

行きたくない飲み会を断る方法〜年間120日あった仕事の飲み会を3分の1回以下にした経験から〜

有給休暇を取るために本気で工夫した4つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。