うなぎ「目白ぞろ芽」は幻の「共水うなぎ」がさっぱりとして美味しいお店

目白駅のすぐ側にある鰻屋「目白ぞろ芽」へ行ってきました。

2018年7月に開店した新しいお店です。

先輩が私の好きな食べ物が鰻ということ知って、連れて行ってくれました。

かくさん

いい先輩に出会えました

このお店は幻と呼ばれる「共水うなぎ」を食べることができます。

共水うなぎ」ってどんなうなぎなんだと思いますよね。

ググってみると

背景に富士山と南アルプスを構える6千坪の敷地に32面の養鰻池を構えております。場内4箇所の井戸より大井川の伏流水を汲み上げています。天然ウナギと同じように何度も四季を体感させ、ゆっくりと「ウナギなり」に育てることにより、熟成した天然ウナギに勝る「共水うなぎ」になります。

と紹介されています。

全国で30数軒しか食べられない「共水うなぎ」を食べてきたので紹介します。

鰻の中ではさっぱりとしていて美味しかった!!

目白ぞろ芽の立地

お店は目白駅から徒歩1分

駅からむちゃくちゃ近い。

目白ぞろ芽の外観・内観

駅を出て左側へ歩いて行くとお店の看板が見えてきます。

階段を降りるとお店はすぐそこ。

カウンターには7席

テーブルが14席。さらに、店の奥には掘りごたつの座敷(8席)もあります。

合わせて25席。

どの席も落ち着いた雰囲気。

「目白ぞろ芽」のメニュー

幻の共水うなぎのメニュー。

うな重で5,800円。特別なことがなければ手が出ない値段。

国産うなぎのうな重だと3,800円から。それでもいいお値段。

うなぎ料理。

うなぎハムやとじ煮は初めて見ました。

一品料理もあります。

ご飯もの。

親子丼やまぐろ丼はうなぎが苦手な人のためにあるなのかな?

「目白ぞろ芽」の共水うなぎ

うなぎの焼き物は時間がかかるので、胡麻和えでスタート。

肝焼き。

独特の苦味が美味しい。

うなぎの串焼き。

左から塩・魚醤・タレの味付けになってます。

身がホクホク。

特に塩や魚醤はあっさりとした味わいで美味しい。

うなぎの切れ端を串に巻いた、くりから。

身が柔らかくトロッとした味わい。

うなぎの一夜干し。

うなぎの身の柔らかさはないけど、旨味が埋まってる感じ。

大根おろしと一緒に食べるとさっぱり。

骨せんべい。

口休めにちょうどいい。

共水うなぎの白焼き。

5,600円の共水うなぎのうな重。

値段を知ってるからか、うなぎが輝いて見えます。

いただきます。

柔らくて、脂っこくない。脂はのってますがしつこくない。

あっという間にうな重が空に。

もっと味わえばよかった。

肝吸いをいただいて終了。

「目白ぞろ芽」のお会計

先輩がご馳走してくれたので正確な値段はわかりませんが、お酒抜きでざっと計算すると1人12,000円以上。

サラリーマンでは特別なことがないと手を出せない値段。

太っ腹な先輩に感謝です。

「目白ぞろ芽」のまとめ

うなぎ好きの私には最高のお店でした。

肝焼き、くりから、白焼き、うな重と色々な部位と異なる味付けを堪能できました。

うな重は脂はのってますが、しつこくないためスルスルと胃へ吸い込まれていきました。

かくさん

美味しかった!

また先輩が連れて行ってくれることを楽しみにしてます。

「目白ぞろ芽」のお店情報
  • 住所:東京都豊島区目白3-3-1 目白スクエアビルB1F
  • 電話番号:050-5596-0333
  • 営業時間:【昼】11:00~14:00
    【夜】17:00~21:00
  • 定休日:水曜日
  • 予約:可能
参考 うなぎ 目白ぞろ芽食べログ

鰻のオススメのお店はこちら

うなぎ屋「大江戸(新日本橋)」でランチ:200年以上つづく老舗の蒲焼きは美味しかった まんまる 池袋店 [うなぎ]〜高嶺の花のうなぎをリーズナブルに美味しく食べられるよ!〜ランチ