「ハリガリ フルーツゲーム」レビュー:反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム

子供と遊べるゲームが好きなかくさん (@kakusan27) です。

買ってよかったゲーム「ハリガリ フルーツゲーム」を紹介します。

反射神経が鍵となるシンプルなカードゲームです。

子供と楽しく遊ぶために購入しましたが、子供だけでなく大人も思わず熱くなってしまうゲームです。

大人だけで本気で勝負しても面白いですよ。

ハリガリ フルーツゲーム 〜反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム〜

ゲーム対象者

人数:2人〜6人

対象年齢:6歳くらい〜

幼稚園だと足し算が遅いので、大人と一緒に遊ぶのは難しいそう。

小学生の高学年になると、大人といい勝負できます。

部品

ベルとフルーツの書いたカードのみです。

遊び方

中央にベルをおき、全員に同じ枚数を配りきります。

配られたカードは重ねて伏せたまま、自分の前におきます。

じゃんけんで勝った人が、持ち札の一番上のカードを表にして、素早く自分の前におきます。

順々にカードを表にしていきます。

カードが出るたびに、ドキドキ。

瞬時に計算をして、ベルを鳴らすかどうか判断します。

二枚目からは自分の前に置いているカードの上におき、一番上にあるカードだけが見えるようにします。

場にでている同じフルーツの合計が5枚になったときが、勝負の時。

誰よりも先にベルを叩きにきます。

一番先に鳴らした人がその回の勝者です。

勝者は捨て場に出ているカードをもらい、自分のカードの下に加えます。

もし、お手つきをした場合は、自分の持ち札から全員に1枚ずつ配らなければなりません。

ゲームは、自分のカードがなくなったときに終わります。

終わった時に、手持ちのカードが一番多い人が勝者です。

1回のゲームは5分程度で終わります。

まとめ

素早く計算をして、ベルを鳴らす反射神経が問われます。

どのカードだと、合計が5になるのか想像しながら出てくるカードを見ます。

躊躇したら負けです。

シンプルなので反射神経の差があらわになります。

大人だから勝てるゲームではないのが、楽しいところです。

真剣に勝負しないとベルは鳴らせません。

思わず熱くなってしまいますよ。

ハリガリに興味がある方はこちらをチェック

子供たちと遊んで楽しいゲームが気になる方はこちら

ブロックス〜駆け引きをしながら、テリトリーを広げていく戦略的ボードゲーム〜
デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜世界一幸せなサラリーマンを目指して
カタミノ(KATAMINO)〜36,057通りの組み合わせが数学的脳を作る〜世界一幸せなサラリーマンを目指して
アルゴ(algo)〜子供と一緒に遊んで論理的思考アップ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。