ハリガリ フルーツゲーム【レビュー】反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム

カードゲームが大好きなかくさん (@kakusan27) です。

大人もついつい本気になってしまうゲームを見つけました。

そのゲームとは「ハリガリ フルーツゲーム」。

計算してベルを押すだけというシンプルなゲームなんですが、思わず熱くなってしまいます。

長女からは

長女

大人なんだから、ちょっとは手加減してよ。本気になりすぎ。

と子供から注意を受けるくらい

その度に

ごめん。つい熱くなってしまって

かくさん

と謝罪をしております。

大人もついつい本気になってしまう「ハリガリ フルーツゲーム」を紹介します。

ハリガリ フルーツゲーム【レビュー】反射神経が試される!大人も子供も思わず熱くなるカードゲーム

ゲーム対象者

ハリガリの説明書には以下のように書かれております。

  • 人数:2人〜6人
  • 対象年齢:5・6歳から
  • ゲーム時間:約15分

実際に遊んでみると2人より5〜6人の方が楽しい。

対象年齢も幼稚園や小学生の低学年だと計算に時間がかかります。我が家では、幼稚園の次女とやった場合には手加減が必要でした。

小学生の高学年にもなると、大人と真剣勝負できます。

部品

ベルとフルーツの書いたカードのみ。

とにかくシンプル。

遊び方

中央にベルをおき、全員に同じ枚数を配りきります。

配られたカードは重ねて伏せたまま、自分の前におきます。

じゃんけんで勝った人が、持ち札の一番上のカードを表にして、素早く自分の前におきます。

順々にカードを表にしていきます。

カードが出るたびに、ドキドキ。

瞬時に計算をして、ベルを鳴らすかどうか判断します。

二枚目からは自分の前に置いているカードの上におき、一番上にあるカードだけが見えるようにします。

場にでている同じフルーツの合計が5枚になったときが、勝負の時。

誰よりも先にベルを叩きにきます。

一番先に鳴らした人がその回の勝者です。

勝者は捨て場に出ているカードをもらい、自分のカードの下に加えます。

もし、お手つきをした場合は、自分の持ち札から全員に1枚ずつ配らなければなりません。

ゲームは、自分のカードがなくなったときに終わります。

終わった時に、手持ちのカードが一番多い人が勝者です。

1回のゲームは15分程度で終わります。

まとめ

素早く計算して、ベルを鳴らすだけのシンプルなゲームです。

シンプルだからこそ面白いし、熱くなります。

子供とも遊べますし、大人同士の本気対決も楽しい。

アナログゲームにはアナログの良さがあります。

かくさん

ただ、子供とするときは熱くなりすぎ注意です!

子供たちと楽しく遊べるゲームはこちら

ブロックス〜駆け引きをしながら、テリトリーを広げていく戦略的ボードゲーム〜
デジット(DIGIT)〜マッチ棒クイズのように棒を動かして遊ぼう〜世界一幸せなサラリーマンを目指して
カタミノ(KATAMINO)〜36,057通りの組み合わせが数学的脳を作る〜世界一幸せなサラリーマンを目指して
アルゴ(algo)〜子供と一緒に遊んで論理的思考アップ〜世界一幸せなサラリーマンを目指して

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください