サーモス保冷缶ホルダー【レビュー】アウトドアで冷たいビールを飲むならこれ

アウトドアでからなず持っていくのがサーモス保冷缶ホルダー。

我が家にはなくてはならない存在です。

青空の下でビールを飲むのは最高の幸せ。

でも、外だとすぐに缶ビールが緩くなってしまいます。

しかし、サーモス保冷缶ホルダーがあれば外でもキンキンのビールを長く飲めます。

キャンプ用に購入しましたがキャンプだけでなく、花火大会、お祭り、さらには家の中でも大活躍してます。

サーモス保冷缶ホルダー【レビュー】アウトドアで冷たいビールを飲むならこれ

構造(HPより)

真空断熱構造だから飲み頃温度をキープ。

結露もしません。

缶のみの状態と比べるとこんなにも温度差があります。

保冷缶ホルダー/JCB-351 | サーモス 魔法びんのパイオニア

使ってみて

350ml缶の飲む部分が出ます。

持ち心地もいいです。

外でビールを飲むときでも、長い間冷たくて嬉しい。

キャンプで大活躍。

夏のバーベキューでも便利ですよ。

商品仕様

2018年4月現在の色は

  • シルバー
  • ブラック
  • オレンジ
  • ライムグリーン

となっています。

私が持っているイエローとブラウンを含め

  • ピンク(P)
  • イエロー(Y)
  • ブルー(BL)
  • ブラウン(BW)

の4種類は生産終了となっております。

大きさは

  • 容量(ml):350ml缶用
  • 本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm):7.5×7.5×11.5
  • 本体重量(約kg) :0.1
  • 適合サイズ :350ml缶
  • 容量(ml):500ml缶用
  • 本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm):7.5×7.5×15.5
  • 本体重量(約kg):0.2
  • 適合サイズ:500ml缶

の2種類となっています。

まとめ

はじめて使った時の感動は今でも忘れません。

アウトドアで使った時にビールがいつまでも冷たいまま。

もう緩くなったビールを飲まなくて済みます。

缶を入れるだけなので、飲む種類を変えても洗う必要がないのが便利です。

アウトドアで大活躍すること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください