万座温泉スキー場 家族で初めてのスキー旅行(その2)〜1日目の午後はスノーパークでのんびり〜

36歳からスキーを始めたかくさん(@kakusan27)です。

2016年2月に家族で初めてのスキー場へ行ってきました。

スキー場までの道のりはその1にて。

その2では、ゲレンデに到着した1日目の午後の様子を紹介します。

私と娘たちの初心者はリフトに乗れないために、スノーパークで過ごすことにしました。

スノーパークがあって本当に良かったなと感じた午後を紹介します。

万座温泉スキー場 家族で初めてのスキー旅行(その2)〜1日目の午後はスノーパークでのんびり〜

初ゲレンデ

リフトも乗れないし、斜面を登って滑るのも大変だし、子供たちは泣くし、どうしようもないのでお昼にしました。

リフトに乗れないので、麓にあるレストランへ。

選択肢がないのは辛い。

メニューはこんな感じ。

カレー、ラーメンなど定番が並びます。

悩んだ末、担々麺を頼みました。

スキー場の味です。

混んでいたので、食べ終わるとすぐに外に出ました。

昼食後はお金を払ってスノーパークへ。

スノーパークには初心者用の練習ゾーンがあります。

これなら滑れない初心者3人でも楽しめるかも。

期待大です。

短いコースと上りのエスカレーターがある。

これで、斜面をスキー板を履いて登らなくても済みます。

初心者の私と長女は妻に習って、ボーゲンの練習をします。

エスカレーターがあるととっても楽。続けて練習をします。

ちなみに次女は習っても上手くいかず。

初心者コースで慣れた長女と妻はリフトへ。

うまく滑れない次女は気分転換にスノーパークにあるチュービングやソリで遊びます。

これはこれで楽しい。

リフトで上に上がった長女はこけて全く滑れず、泣くばかり。

次女はスノーパークでソリ。

家族で初めてのスキーはこんな感じで、過ぎていきます。

スノーパークに飽きた私は勇気を出してリフトに乗って、初ゲレンデに挑戦。

昔はスノーボードで楽々滑れた斜面も、スキーでは全く別物。

斜面がちょっと急になるだけでスピードをコントロールできないので、怖くて怖くてビビりながら降りてきました。

無理に板をコントロールするので足は痛いし、いいことなし。

斜面を1回滑り降りただけで心が折れた私は、しょぼしょぼとスノーパークへ戻ることに。

とにかく2日目の午後のレッスンが待ち遠しい1日目でした。

まとめ

初心者はレッスンを受けないと厳しいですよね。

私たち家族だけかもしれませんが。

特に子供たちは怖がってしまい、なかなか降りてこられません。

リフトには1回しか乗らなかったけど、ゲレンデにいるだけで楽しい1日でした。

その3では、万座高原ホテルの様子を紹介します。

万座温泉スキー場

住所:〒377-1595 群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
TEL:0279-97-3117

トップページ |万座温泉スキー場|プリンススノーリゾート

万座温泉スキー場の旅行記はこちら

家族のお気に入りのスキー場はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください