MUNIEQ Tetra Drip (テトラドリップ)【レビュー】アウトドアでコーヒーを淹れるのに薄くて便利

キャンプでコーヒーを淹れるなに手放せなくなった「テトラドリップ」を紹介します。

キャンプ場でコーヒーを飲むのが大好きなんです。

特にドリップしたてのコーヒーがたまりません。

「テトラドリップ」はコンパクトで本格的なドリップコーヒーを飲むことができます。

MUNIEQ Tetra Drip (テトラドリップ)【レビュー】アウトドアでコーヒーを淹れるのに薄くて便利

外観

パスポートよりも小さなサイズ。

薄さは4.5m、重さは12g。

胸ポケットに入るくらい小さいんです。

ドリップ

組み立てて、カップのうえにセットします。

くぼみがあって、安定性もあります。

ひいたコーヒー豆を入れます。

コーヒーフィルターはハリオV60ペーハーフィルター01を使ってます。

お湯を注ぐと、コーヒー豆が膨らんできます。

漂ういい香り。

コーヒーを淹れてる様子はこんな感じ。

まとめ

コーヒードリッパーはいつも場所を取ってたんです。

でも、美味しいコーヒーを淹れるためには欠かせなかったんです。

そんな中、運命的に出会いました「テトラドリップ」に。

小さくて、薄くて、おしゃれで、しかも美味しいコーヒーを淹れられる。

キャンプでコーヒーを飲みたい私には欠かせないドリッパーです。

かくさん

コンパクトなコーヒーセットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください