「なぜ、あなたは変われないのか?」by古川武士さん〜変化したかったら心の仕組みを学ぼう!〜

古川武士さんが書かれた「なぜ、あなたは変われないのか?」を読みました。

変われない理由って、

根性がないわけでもなく、

意志が弱いわけでもなく、

ダメ人間なわけでもないんです。

子どものときに作った自分を守るための防御システムが、変わることを妨げています。

変われるかどうかは、能力ではなく、心の仕組みの問題なんです。

変わりたくても、変われなくて悩んでる人に必読の本ですよ。

「なぜ、あなたは変われないのか?」by古川武士さん

私たちの行動を決めているものは?

私たちの行動は「無意識の思い込み」によって決められています。

例えば、

・私は落ち込みやすい
・人は信用できない
・世の中は不公平だ
・遅刻をしてはいけない
・お金を無駄遣いしてはいけない
・時間を無駄にしてはいけない
・努力は必ず報われる

などなど。

そんなのは思い込みではなくて事実でしょってことは、実は「無意識の思い込み」なんです。

信じられないですよね。

このことを知らないと、行動なんてかわらないんですよね。

本では、「無意識の思い込み」のことを「ビリーフ」と呼んでいます。

なぜ、ビリーフを持つの?

では、どうしてビリーフ(無意識の思い込み)ができるんでしょうか?

1つには、安全、安心、安定を守るためです。

例えば、

子どものときにわがままを言って親から怒られたとすると、親から嫌われないための行動パターンができます。

子どもとして安全を守るために、親から嫌われないために、わがままを言ってはだめ、言う通りにしなきゃって思考になります。

この思考がビリーフなんです。

もう1つは、脳はあるがままの世界をとらえられないためです。

脳は、たくさんの情報を処理するためにフィルターで取捨選択をします。

このフィルターがビリーフなんです。

同じ状況でも、不安な人もいれば、安心してる人もいるし、怒る人もいます。

この違いは、その人が持ってるフィルター、つまりビリーフによって現れる感情が異なるんです。

ビリーフとの付き合い方は?

ここまで聞いているとビリーフが悪いように思えます。

でも、ビリーフは悪者ではないんですよ。

子どもの頃は、自分の安心・安全・安定を守るために必要なものだったんです。

ただ、大人になったて必要なくなったとしても自分の中に残っていると、ビリーフに縛られて変わりたくても変われなくなります。

現実が辛くなって、どうしようもないときこそ、ビリーフと向き合うことがオススメなんです。

ビリーフに気がつき、ビリーフを弱めることができると行動が変わり、現実も変わっていきます。

ビリーフの変えかたは?

では、どうやってビリーフに気がつき、ビリーフを変えたらいいんでしょうか?

本にはビリーフを変えるためのポイントが紹介さてれます。

ポイントは

・ビリーフを言語化する
・ビリーフが生まれたことに感謝する
・毎日の小さな出来事をビリーフにつなげる
・100%は言い切れないと疑う
・ネガティブからポジティブへ置き換える

の5つです。

ビリーフは無意識に信じきっている思い込みなので、言語化して意識することと疑うことがポイントです。

気がつくためには感情日記を書くことがオススメされてますし、

疑うためには、ビリーフとは異なった事実を見つける訓練が必要です。

この本には1人でできるワークが実例付きで紹介されています。

詳しく知りたい人は、ぜひ本を読んでみてください。

まとめ

この本には、ビリーフに気づく方法とビリーフを弱めて自分を変える方法が書かれてます。

心の仕組みを知ると、思考の癖を変えるだけで、なりたい自分に近づけちゃうんです。

ワークを通じてネガティブなビリーフをポジティブビリーフへ変えていきますよ!

皆さんも、この本を読んで変われる自分になりませんか?

「なぜ、あなたは変われないのか?」をチェックしたい方はこちら

もう1つ読んでみてはいかがですか?

「人生のシフト」by牧野内大史さん〜人生はちょっとした気づきで変わる〜

「とにかくウツなOLの人生を変える1ヵ月」by はあちゅうさん~見方を変えれば、人生はあっという間に変わる!~

「決めた未来しか実現しない」本田健 氏〜最高の人生にするために必要な4つのこと〜

成功する人の考え方 by加地太祐~今すぐ人生を変えたい人が取り組む10のこと~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。