娘にスピーチを指導して気づいた話すコツ〜幸せに働くコツ〜

娘からお願いされて、朝礼のスピーチ指導をしました。

聞いて思ったことは、

・何を伝えたいのかわからない
・面白くない

でした。

理由を考えてみると、事実の羅列ばかりで本人がどんなことを思ったのか、考えたのかがなかったんです。

そこで、娘に

・話すことは1つに絞る
・事実だけを述べない
・なんでやろうと思ったのか?
・どのようにしてやったのか?
・やってみてどう思ったのか?

とアドバイス。

すると、ストーリーが生まれて、風景が浮かんだんです。

我ながら、いい指導だって思いつつ、自分の話しを振り返ってみました。

偉そうに言いながら、自分の挨拶はあんまりできてないなって。

ついつい、いろんなことを話したくて詰め込みすぎちゃうんですよね。

まとめ

挨拶は伝えたいことを1つに絞ると伝わりやすいなって

そして、想いや考えを付け加えていく。

娘に指導しながら、自らも学んだ「かくさん」でした。

人に教えるって、自分が学ぶ最高の機会ですね。

挨拶が苦手な人にオススメの本

書評はこちら
「人前で話すのがラクになる!5つの魔法」金光サリィ著〜マンダラボックス法であなたも簡単に挨拶ができる!〜

もう1つ読んでみてはいかがですか?

サラリーマンとして自分らしく働くために工夫したことは?~幸せに働くコツ~

幸せな働き方を目指して、幸せに働く能力を磨いたよ~幸せに働くコツ~

1日1分を意識して時間を使うと時間に追われなくなる~幸せに働くコツ

社内で味方を増やす方法~幸せに働くコツ~

[映画]マイ・インターンから学ぶ「信頼」の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。